HOME >> 段ボールといっしょ >> 森林破壊防止

森林破壊防止

森林破壊防止

計画的に木の伐採をしていけば、森林を子孫に残せるはずなのです。

紙の原料になる森林が乱開発のせいで縮小しています。

書き損じや紙の裏面をもう一度確認をし、メモ用紙に使ったりして、少しでも森林破壊を抑える事が出来ればこの先も有効に木を使う事が出来るはずだと思います。

地球温暖化は、人間の産業活動に伴って排出された温室効果ガスが主因となって引き起こされているとする説が今では主流になっています。

段ボール等を運ぶ物流が多くなる事で、トラック等から排出される排気ガスが多くなり、その結果、地球温暖化になっている。

【温室効果ガスと地球温暖化の関係】

温室効果ガスは、主に二酸化炭素、メタン、ハロカーボンなどのことで指します。

これら温室効果ガスは、太陽から流入する可視光の日射エネルギーを透過させて地表面を暖め、地表から放射される波長の長い赤外線を吸収しやすい性質を有している(温室効果)。

そのため温室効果ガスが増加すると、地球に入る太陽放射エネルギーと地球から出る地球放射エネルギーとのバランスが崩れ、バランスが取れるようになるまで気温が上昇し、地球温暖化が進むと考えられている。

下記サイトに詳しく説明されているので、参考までに紹介しておきます。 http://ds.data.jma.go.jp/ghg/kanshi/info_tour.html

※温室効果ガスの排出源の内訳。

温室効果ガスは現在の地球を平均約14℃の「温室」状態に保っており、それが存在しなければ地球の温度は現在よりも約30℃低くなり高等な生物が存在することが不可能になると考えられている。

温室効果ガスごとに地球温暖化への影響力は異なり、放射強制力で表される。

二酸化炭素やメタンは環境中での寿命が長く影響力も大きいとされる一方、水蒸気のように相反する効果を併せ持つものもある。

水蒸気とオゾンを除いたほぼすべての温室効果ガスは、炭素原子を含む物質であり、温室効果ガスの濃度を考える上で、地球上での炭素循環のシステムを理解することが重要とされる。

また複数の温室効果ガスを合算して取り扱う際は、二酸化炭素または炭素の量に換算する場合が多い。

間接的に人類が関与している例として、環境破壊や水質悪化により海底に生息するサンゴが減少し、海水中の二酸化炭素が取り込めなくなり、大気中に大量に放出されるという問題もある。

また、森林の伐採、焼畑農業による光合成の能力低下による二酸化炭素量等、放出量や減少能力の潜在的低下が考えられている。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています