HOME >> 段ボールといっしょ >> 原型

原型

原型

紙の原型はチップと呼ばれる、木を細かく裁断してものですが、段ボールも元は木のチップからできています。

そして段ボール原紙と呼ばれるものを作って行きます。

その段ボール原紙を作るのには古紙が必要になります。

段ボールの原紙は資源回収の段ボールから成り立っています。

そう、段ボールが循環しているのです。

つまり、あなたが何気なく出している資源ごみとしての段ボールから、新しい段ボールが出来ています。

段ボールの生産量は、GDP(国内総生産)や経済の発展に連動するといわれています。

国別に見てみると、世界第1位は中国。これまで長い間第1位だったアメリカは、中国経済の急成長で2位となり、日本はそれにつぐ第3位になっています。

日本で1年間に生産されている段ボールの面積は約130億平方メートル。

琵琶湖の約20倍で、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の合計の面積とほぼ同じになります。

1mの幅にすると、なんと月と地球を17回以上も往復できる長さです。

「段ボール原紙の出来るまで」

ステップ1:廃品回収や資源回収で集められた段ボールや段ボール工場で生じた段ボールの切れ端はブロック状にして製紙工場に運ばれます。

ステップ2:古紙を水の中でほぐして繊維状にします。

ステップ3:砂やプラスチックなどの異物を取り除き繊維をたたいて、からみやすくします。

ステップ4:長いワイヤの上に原料を吹き出し、均一に広げた後で、湿った紙の水分をしぼり取ります。

ステップ5:乾燥させてから表面をなめらかにします。

ステップ6:原紙を所定の幅に切りながら巻き直します。

ステップ7:段ボール原紙が完成し、段ボール工場へ配送されます。

1本の原紙は1t~2tもの重さになります。

「段ボール原紙から段ボール板を作る」

ステップ1:中芯と裏ライナを貼り合わせる。

ステップ2:片面段ボールと平らな表ライナを貼り合わせる。

ステップ3:1枚1枚折り目をつけ切断していく。

ステップ4:商品名や会社名を印刷する。

ステップ5:折り目にそってたたみ箱にして行く。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています