HOME >> 段ボールといっしょ >> もしもダンボールが無かったら

もしもダンボールが無かったら

もしもダンボールが生まれていなければどういう事になっていたのでしょうか?

実際今ある物をなかった事のように考えるというのは案外難しいものだと思いますが、特にダンボールなどは日常的にもよく使われているものだと思いますので、あまり想像が出来ないのではないでしょうか。

物を運ぶのにも何かと使われるそれらが、もしも利用できなくなってしまったら。

そう考えるとこれからの不便さは一目瞭然ですよね?

皆さんの日常にはそれほどダンボールが利用されているのです。

例えばの話しですが、これはダンボールじゃないにしろ「お米を運ぶのに袋や箱を使わないで運びなさい」といわれたら、皆さんはどうしますか?それらの代わりに何かしらの器を探すことになると思います。

もしも代わりの器などが無かったら、そう思うだけでもどれだけ大変なものかは想像つきますよね。

極端な話しではありますが、簡単に言えばそういう事になるのです。

もはや日常的になりすぎて忘れがちになっているかもしれません。

それらダンボールの需要というのはとても高いものになっていますので、大事に使っていくという意識を忘れないという事が大切なのではないでしょうか?

まずはその気持ちから変えていきましょう。

一人一人の心掛けが大切です。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています