HOME >> 段ボールといっしょ >> 車買い替えとダンボール

車買い替えとダンボール

車の買い替えを考えるにはいくつかのきっかけがあると思います。

人気車である場合、その時期に手放すと高値で買取をしてくれる可能性があり、新車購入し2年程度で順次車種交換をする方もいるそうです。

すごくうらやましい話ですが、ある程度のお金を持っている方でなければできないことです。

複数台を持っている方というのは、用途別に使い分けをしている方や、本当の車好きになると思います。

筆者の周りには高級車を1台持ち、自宅周辺や簡単な用事、あるいは畑作業には軽トラという方もいます。

高級車で畑で仕事をし、土や草、汗にまみれた体では車に足を入れることすらためらわれてしまいますし、車体だって傷つきかねません。軽トラだと税金も安いですので持っていてもそれほどの負担はありません。家からほんの少し離れた距離に畑作をしている方だと、普通に持っているような気がします。これなら、海に行こうが車体が傷つこうが構わずに済むのでとても便利です。

筆者の車買い替えの目安は、車検が切れる、あるいは修理代がかさむようになってからということになります。

多分、一般的な時期になるかと思いますが、修理代がかさむのに5万円から15万円をかけて車検に出すべきではないと思います。

軽乗用車だと5万円前後が相場で、普通乗用車だと10万から15万円が相場になります。

車検を通すべく、部品交換によって各々で金額が変わってくるのですが、この額は各種保険代や税金を含んだ値段です。任意保険は別ですが、最近はいろんな保険サービスが登場し、年々安い商品が登場しているように思います。

これまでに2社の自動車メーカーのものを複数台乗ってきました。

長いもので新古車購入し10年程度を持ったのですが、若かった頃の話です。

良い車に乗りたい。グレードの高いものに乗りたいという気持ちがありましたので、中古車にしても100万円超えても買ってしまったという感じになります。

現在はどうかというと、乗れればいいという意識に変わってきましたので、数万円のものでも、たとえカーオーディオがなくても大満足という感じで乗っています。

何故かというとビーチに近いために塩害があるからですが、車を買い換える際は、自分が住んでいる環境も考えたほうがベストだと思います。

悲しいかな、ウインドサーフィンやダイビングのメッカとして知られる地域で働いていた頃、車体ではなく、目に見えない基板となる部分(車体の下)に大量のサビが発生し、結局なんども修理した挙句手放したということがありました。

ダンボールのようにサビが発生しなければ、しかも、安値で様々な部分が取り替えられれば安いでしょうけどね。

しかしそれだと、高速で走ることはできなさそうです(笑。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています