HOME >> 段ボールといっしょ >> プラスチック段ボール

プラスチック段ボール

プラスチック段ボールは従来の紙製の段ボールではなく、ポリプロピレン樹脂でできた段ボールで「プラダン」と呼ばれています。

紙製のものと比べて安全性、耐久性、耐水性、断熱性、耐薬性に優れており、工場内での保管箱、通い箱、養生シート、ディスプレイ看板など幅広い用途に使われています。

プラスチックはエコの面で問題はないのかといった疑問に対しては、紙製のものに比べて特に耐久性に優れている点で利用回数が増え、梱包が使い捨てにならずリユースのシステムを作ることで、返って環境に優しいといった見方もあります。

また近年、精密機械部品の梱包やクリーンルームでの使用機会が増えて、紙製の段ボールでは紙粉が発生することが敬遠されることや、衛生が重視される現場で洗浄の必要がある場合などにもプラスチック段ボールは活躍しています。

プラスチック段ボールは、軽くて丈夫な上、何度もリユースできることから、これからの環境問題などを考えても、もっと需要が伸びていくものであると考えることができます。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています