HOME >> 段ボールといっしょ >> 歴史

歴史

19世紀のイギリスで、貴族の着ていた服のえり元をヒントにして、シルクハットの蒸れ防止に波状に折った厚紙を入れて使用したのが始まりだと言われています。

その後アメリカで、その緩衝材としての優れた性質に目が向けられ、ガラス瓶や電球の梱包に段ボールを使うようになりました。

この頃の段ボールは、まだ「波状の紙」でしかありませんでしたが、やがて段が伸縮しないようにもう一枚紙を足した片面段ボールが発明され、すぐに両面段ボールへと発展して行きました。

日本では明治時代に井上貞治郎が初めて厚紙を貼り合わせた段ボールの製造に成功しました。

「段ボール」という名前もこのとき井上がつけたもので、それまでは単に「電球包み紙」だとか「なまこ紙」などと呼ばれていました。

太平洋戦争後、高度成長期を迎えた日本ではさまざまな製品が大量に製造されるようになり、安価で優れた梱包材である段ボールの生産量もそれに伴って増えて行きました。

現在では水に濡れても大丈夫な段ボールや、生鮮食料品の鮮度を守る段ボールなど時代のニーズに応えた新しい段ボールが生まれています。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています