HOME >> 段ボールといっしょ >> 段ボールと暮らし

段ボールと暮らし

段ボールは軽くて丈夫、保温力もあり加工がしやすくリサイクルもできる優れた製品です。

私達の身近な暮らしのあらゆるところで活躍している段ボール。

工業製品から生鮮食料品まで様々な輸送や保管に、あるいは店頭で商品の陳列やPOPにも利用されています。

また最近では段ボール製の家具やインテリア雑貨、アート作品も登場しています。

火や水濡れに弱いという紙の欠点も、近年では特殊なコーティングや複合加工された段ボールが作られていて、これまで「紙」の使われることがなかった分野でも段ボールは活躍しています。

日本の段ボール生産量は中国、アメリカについで世界第三位。

1年間に生産されている段ボールの面積は約130億平方メートルにもなり、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の合計の面積とほぼ同じになります。

日本人ひとり当たりに換算すると、なんと一年間におよそ150箱もの段ボールを使用していることになります。

それにもかかわらず、段ボールのリサイクル率は95%以上という高水準を保っています。

環境にも優しい、段ボールはこれからもますます活躍の幅を広げて行くでしょう。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています