HOME >> 段ボールといっしょ >> 資源ごみ

資源ごみ

地球規模の環境保全意識の高まりから、リサイクルに対する関心も深くなってきています。

中でも段ボールのリサイクル率はおよそ95%と高く、再生資源の優等生とも言える存在となっています。

回収を行う業者や自治体によってルールが異なるのですが、引越しなどで出た段ボールを資源ごみとして出す場合、一般的にはガムテープや留め金、送り状などのシール類は外して、箱は畳んでまとめて出すようにしましょう。

また表面にコーティングがされている特殊な段ボールはリサイクルできませんので、普通ゴミ(可燃ゴミ)として捨てましょう。

最近ではリサイクル可能な段ボールには、段ボールリサイクルマークがつけられているのでわかりやすくなっていますね。

資源ごみとして回収された段ボールは、何度も段ボールとして再生されます。

エコロジーに対する関心が高くなっている現代社会において、このようにリサイクル率の高いものは大変喜ばしいことですので、ぜひ他のリサイクル対象商品もリサイクル方法を参考にしてくれると良いと思います。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています