HOME >> 段ボールといっしょ >> とてもエコロジーな素材

とてもエコロジーな素材

みなさんは、段ボールが何でできているか知っていますよね。

そう、「紙」です。

紙は天然素材なので生分解性を持ち、もしも捨てられたとしても土中で分解されて土に返ります。

「もしも」と言いましたが、実は段ボールのリサイクル率は9割を超えていて、ガラスびんやアルミ缶などと比べても、資源の有効活用という点では群を抜いているのです。

段ボールが紙でできているということの別の利点は、その加工が容易であることです。

中に容れるものに見合った最適な包装設計ができるため、コストの面でも無駄のない梱包が可能です。

単に加工が容易というだけではなく、高度な生産技術によって短期に大量生産が可能となった段ボールを使用することにより、高速自動梱包システムを活用した様々な商品の高い生産性も実現されています。

また単なる梱包材というだけではなく、什器やデザイン素材として展示会などでの一時使用にも、木材やプラスチック等を抜いてその威力を発揮しています。

このように段ボールは、とても環境にやさしい優れた素材であるといえるでしょう。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています