HOME >> 段ボールといっしょ >> 段ボールを振り返る

段ボールを振り返る

段ボールを振り返る

段ボールが作られていのは、古紙が90%以上と言われています。

この様に、再利用が100%近く出来れば、ゴミも減らせ、その結果環境に負荷を与えないで済みます。

再使用は、一度使用された製品を、そのままで使うか、もしくは製品のある部品をそのまま再利用することをいう環境用語で、リユース ともいわれます。

従来から、家族内や知人内での製品のお下がりや、地域内での不要品のバザー、あるいは廃品回収など、小規模のレベルでは行われてきたが、本格的な循環型社会の形成のためには社会構造的にリユースの流れを構築することが望まれている。

国土が狭く資源が少ない日本では、古くから物を大事に再使用する文化があり、「もったいない」という形容詞はその典型的なパターンである。

その典型例として、何度でも何にでも使え、持ちまわる包装材である風呂敷が挙げられる。

古着商(古物商の一種)や質屋は古くから和服を、財産的価値のある物として扱い、再使用市場が形成されていたが、この形態が近年では、日本国外から輸入され、ファッションの上で若い世代にも古着が見直される現象も発生している。

日本では、バブル景気崩壊直後に倹約ブームがおき、様々な中古製品を売買するリサイクルショップが誕生する。

リサイクルショップとは別の媒体には、オークションが発達してきています。

個人でも手軽に自宅の不用品を出品でき、欲しい人に手を上げて貰う事で、再利用が出来るシステムです。

外国で見られるのは、イギリスを中心とした欧州で、産業革命以前の手作業によって生産された工芸品をアンティークとして珍重する意識が強く、民芸品や日用品であっても「古い物を大切にする」という意識が根強い。

また手工芸品の中には、日常生活に即した家具等が含まれるが、これら家具やそれを収める家屋に対する思い入れは並々ならぬ物があり、これを日常的に使用しながら、壊れたら直して代々受け継ぐという意識も強い。

近年ではアメリカでも、アンティークに対する理解が深まっており、かつては投機の対象くらいにしか考えられていなかった日用製品のアンティークを利用、大切に使用する文化が生まれている。またそれらアンティーク愛好者を対象とした市場も活発化しており、前出の投機目的のアンティーク収集家を巻き込んで、インターネット上のオークションにて、盛んに物品がやり取りされている。

また大量生産の工業製品であっても、活発な産業活動の結果として過剰な意匠の新陳代謝が行われた結果、古い工業製品がただ古いというだけで市場から姿を消した後に、それら製品に凝らされた意匠の素晴らしさが再評価され、消費者が再びそれら工業製品を求めるケースも増えてきている。

これら古い工業製品に対する市場価値の上昇は、修理や修繕に掛かる人的コストを上乗せしても、採算に乗る段階に達していることもあり、近年ではこれらを供給するレストア産業が活気を見せている。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています