HOME >> 段ボールといっしょ >> 段ボールの特性

段ボールの特性

段ボールの特性

段ボールは荷物を運ぶだけでは、ありません。

あなたから預かった大切な中身を壊さないようにしなくてもいけません。

だから、段ボール箱は、軽くて丈夫でなくてはいけないのです。

イチゴやぶどうなど果物は、ぶつけると商品にならない場合も出てきます。

その段ボールの強さの秘密を解明しました。

「ダンボールの構造」

段ボールは、表裏に貼る「ライナー」と段をつける「中しん」に 分けられます。

【ライナー】

・Kライナー(クラフトライナー)。

強度的にも優れており幅広い分野で使用されています。

1㎡当りの重さが180g・210g・280gの3種類あります。

グラム数が重いほど強く良い紙になります。

・耐水ライナー・撥水ライナー。

Kライナーの表面に耐水加工や撥水加工をした原紙で、おもに青果物(キャベツやレタスなどの野菜類)や果物の箱などに使われています。

・Cライナー(ジュートライナー)。

再生紙を多く含んだライナーで、強度的にはKライナーより落ちますが、価格的に安価で内装箱に多く使われています。

1㎡当りの重さ160gが一般的です。

・白ライナー。

KライナーやCライナーを晒したライナーになります。

贈答用や食品関係などで多く使用されています。

【中しん】

・ 一般中しん。

一般的に使用されている原紙で、1㎡当りの重さが120g・160g・180gの3種類があります。

グラム数が多くなるとダンボールが固くなります。

・ 強化中しん。

中しんを強化材などの薬品で固くし、強度を持たせた中しんになります。

1㎡当りの重さが180gと200gの2種類があります。

【段ボールの仕組み】

段ボールとは、波形に加工した紙に板紙を貼りあわせて作られています。

専門的には波形に加工した板紙を「中しん」と言い、貼りあわせる板紙を「ライナー」と呼びます。

【段ボールの種類】

片面段ボール:中しんの片面にライナーを貼り合わせた段ボール。

両面段ボール:中しんの両面にライナーを貼り合わせた段ボール。

複両面段ボール:両面段ボールの片側に片面段ボールを貼り合せた段ボール。

【段ボールの厚み】

段ボールを構成する厚みの種類

A段: みかん箱や青果物の箱など、一般的によく使用されています。

B段:小さい箱やギフト箱など、小さめの箱 によく使用されます。

W段(AB段・Wフルート): 大きな箱や重量物の梱包などによく使用されます。

その他にE段やF段などの厚みがうすいマイクロフルートと呼ばれる種類もあります。


段ボールといっしょは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールが作られている元を知って頂き、安全な無農薬野菜を作るための情報を満載しています